2014年04月03日

木曜日の雨。

今日は一日中雨でした。

木曜日はなぜか雨の日が多いですね。
毎週木曜週一回で伺う患者さんのOさんからは、
「先生が来る日はいつも雨。先生は雨男ですね」とからかわれます。

私からすれば、Oさんが雨男なのですけれども(笑)


今日のこの雨は「花散らし」になってしまいましたが、
リハネット有志での花見会は昨日やりましたので、満開の桜の下でお酒が飲めて
良かったです。






ラベル:雑感
posted by リハネット at 19:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

4月からの診療費改定。

3月ももう終わり。もうすぐ4月、新学期になります。

桜も咲き始めました。
満開までなんだか早そうですね。


4月と言えば、何と言っても、消費税の増税があります。。。

その消費税増税に関連して、4月から医科の診療費が改定され、全体的に若干値上げされます。
マッサージ療養費もほんの少しだけ値上げとなります。

診療費自体には消費税はかかりませんが、運営経費について、消費税増税による負担が
増えますので、その分を配慮しての診療費アップとのことです。


ご了承のほどお願い申し上げます。




埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット




posted by リハネット at 08:36| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

3/7定期勉強会。 

昨日は院内定期勉強会。

最近当院に寄せられている声(問題点)について、
検討すべき課題として、皆で話し合いました。


「マエセツ」は吉田さんが担当でした。
コーヒーの煎り方、挽き方、豆の種類などについてのお話で、
珈琲メーカを持参して、挽きたてコーヒーを振る舞うという斬新なものでした。
素晴らしい!




  IMG_2044.jpg
(写真は当日のものではありません。イメージです)







ラベル:勉強会
posted by リハネット at 12:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

NPO理事会。

昨日は、理事を務めるNPO法人リハネット21の理事会に出席してきました。


リハネット21が受注し、主に当院が講師派遣をしている
『ツボ押しマッサージ体操健康講座』の報告をさせていただきました。
最近は介護予防教室のテーマの中でも、一番依頼が多いのが
この『ツボ押しマッサージ体操健康講座』です。
アンケートからも、反響はすこぶる良いです。

今後は講師ができる者の人数を増やしていけたらと考えていて、
その方法など議題に上げさせていただきました。


他、家族介護者の会での「介護者ケア」をテーマにした内容でも
積極的に依頼を受けていこうという申し合わせをして解散しました。


介護予防、介護者ケアの2本はNPO設立当初からの理念ですので、
今後も時間の許す範囲で活動を進めていきたいと思っています。




NPO法人リハネット21 ウェブサイト



posted by リハネット at 12:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

「老年症候群の診察室」。

今回は久しぶりにお勧めの本の紹介です。



『「老年症候群」の診察室 超高齢社会を生きる』 (朝日選書) 大蔵暢


  



「老年症候群」という言葉聞いたことありますか?

認知症、膝痛、老年期うつ、転倒、頻尿、失禁、骨粗しょう症、めまい、筋力低下・・・

これらはそれぞれ独立した症状として考えがちですが、原因は加齢、つまり、
これらの症状を引き起こす一番の要因は「高齢であること」であり、
それが引き起こす上記のような様々な症状、病気の集合体を「老年症候群」といいます。

このように、加齢に伴い出現する様々な症状を「老年症候群」という一つの概念で
捉えることで新たな、よりベストな対処がみえてきます。


さて、
この本は、老年医学に携わっておられるお医者さんが書かれた本です。
確定的な正解がない高齢者医療の現場で、医療や介護側からの都合の良い押し付けではなく、
(最新の科学的研究知見もしっかり考慮しながら)患者さんにとってどうするのが
ベストなのかを懸命に探りながら医療活動にあたっておられる姿勢に感銘を受けました。

自身やご家族の老年期、終末期の医療、人生を選択するにあたって、
現時点でとても参考になる内容になっています。

「老年症候群」の全体像を知るのにも良いと思いますので、
高齢者医療・介護に携わっている方にも一読をお勧めしたいですね。
私もずいぶん勉強になりました。






ラベル:
posted by リハネット at 12:38| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

大雪の影響。

先週に引き続き、今週末も関東地方は大雪・・・。

最善を尽くしておりますが、訪問が厳しい状況になっております。
当院はなにぶんバイク往診です。

患者様にはご迷惑をおかけいたします。
申し訳ございません。




埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット


posted by リハネット at 10:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

スパゲッティ・カルボナーラ。

昨日は夕方から院内定期勉強会でした。


「マエセツ」は私(秋元)の番でしたので、
十八番のパスタ料理、「スパゲティカルボナーラ」の私なりの作り方を紹介しました。

カルボナラーラ作りでの最大の注意点は、卵を固まらせないこと。
そのための火加減が重要です。
あとは、パスタは少し硬い程度(茹で時間目安より少し早め)で鍋から出し
フライパンに移すことがミソでしょうか。
こうすることで出来上がり時に丁度良い硬さに仕上がります。


IMG_4915.jpg



ラベル:勉強会
posted by リハネット at 12:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

リハネットの介護予防教室 in浦和パルコ。

今日はリハネットの介護予防教室の一つ、「ツボ押しマッサージ体操講座」を
さいたま市で活動されているパーキンソン病患者さんとご家族の会にて、行いました。

場所は浦和駅前にある浦和パルコ10階の会議室で、
パーキンソン病患者さんとそのご家族の皆さん、45名〜50名くらいの方に
受講いただけました。

今回パーキンソン病患者さんが対象ということで、開発した3種類の体操の中から
パーキンソン病患者さん向けに特化したものをご紹介いたしました。

IMG_0760.JPG

IMG_0761.JPG



皆さん、真剣に受講していただけたように思います。
ぜひ、覚えたツボ押しやマッサージをご自宅で、ご自分の健康維持のために
毎日続けていただきたいです。


呼んでいただいた会の皆様、企画・運営のラフォンテの島田さん、
ありがとうございました。

今年も地域の皆様のため、時間の許す限り、この活動を続けていきたいと
思っています。


介護予防教室のお問い合わせはこちらです。
↓  ↓  ↓
リハネットの介護予防教室




bx
posted by リハネット at 19:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

今年もよろしく願いいたします。

あけましておめでとうございます。

リハネットは本日より2014年の診療業務を開始いたします。

今年の年末年始は日曜に挟まれ、例年より長い休みになったことで
スタッフ皆ゆっくり過ごさせていただきました。
英気満タンです!


本年もよろしくお願いいたします。




埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット




posted by リハネット at 08:15| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

忘年会。

昨日は夕方からリハネットの忘年会でした。

去年と同じ大宮でジンギスカンコースを堪能しました。
いろいろな部位のヒツジ肉が出て来て、おなかいっぱい、大満足です。

IMG_6716.jpg

IMG_9705.jpg


最後、豊岡マネージャーから「プロ意識を持ってこの仕事をやていこう」という
〆のあいさつで、気が一層引き締まり、お開きとなりました。

本年あと一週間ほど業務があります。
しっかり一年を締めくくれるよう、残りの業務を毎日しっかり
やっていきたいと思います。




埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット



ラベル:雑感
posted by リハネット at 12:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

介護予防教室。

今日は介護予防教室に呼ばれました。
講師、助手も含め、当院から3名派遣です。

今回は男性中心の20名ほどの方が参加されました。
会場は朝霞市保健所です。

IMG_0698.JPG

ご好評いただけたようで良かったです。
これが本年最後の教室になりそうです。
来年もまた皆様のお役にたてればと思っています。




リハネットの介護予防教室




ラベル:講演 介護予防
posted by リハネット at 19:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

パクチー。

昨日は院内勉強会でした。

マエセツは田島さんが、「自分が最近ハマっているモノ」を紹介してくれました。

田島さんのハマっているモノとは、なんとパクチーでした。
大好きだとのこと。
私はあの何とも言えない匂いと味がダメで、パクチーは食べられないのですが、
人によっては、タイ料理などにはパクチーが入っていないとつまらないと
言いますね。

それにしても、田島さんのプレゼンは相変わらず素晴らしいです。




posted by リハネット at 12:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

社外研修。

先週、社外研修にスタッフ皆で群馬県の沼田というところに行ってきました。

研修に先がけて(というか研修の一環として)、イベントとして果物狩りをやりました。

IMG_2655.jpg

去年は勝沼でぶどう狩りをしましたが、この日はりんごです。
時期的にぶどうは終わってしまったそうです。

もぎたてのりんご、みずみずしくておいしかったですね。


途中、ハプニングなどがありながら、朝から夕方まで一日がかりの旅を終えました。


乗り継ぎの関係で行きと帰り、途中高崎で途中下車。
高崎は死んだ祖母の故郷で、子供の頃よく遊びに行きました。
昔を思い出してしばし感傷に浸ります。
懐かしかったです。






リハネットに就職を希望される方はこちらをご覧ください

ラベル:研修
posted by リハネット at 08:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

肉離れを起こしました〜RICE処置〜。

台風が過ぎ去り、今日はさわやかな天気です。
京都のほうは台風の爪痕が残り、大変そうです。


この連休中、運動をしていた最中に、太ももの裏の筋肉、ハムストリングスと呼ばれる
部位の肉離れを引き起こしてしまいました。
グキッ、というのかバチッっというのか、そんな音が鳴ったように感じました。

これは結構重症の肉離れです。病院に行けばU度(中等度)くらいと診断されるのでは
ないでしょうか。

応急処置を行います。いわゆるRICE処置です。

RICE処置とは、

Rest(安静)
Ice(冷却)
Compression(圧迫)
Erevation(挙上)

の頭文字をとったもので、傷害を負った時、だいたいの場合にこれをやっておけば
予後が良いとされる応急処置です。
患部を動かさず、氷などで冷やし、押さえつけ、心臓より高い位置に保持しておきます。
今回は特にRestとIceが大事だと思われましたので、主にそれを行いました。

冷却から、保温や温熱療法に切り替えるタイミングに悩みますが、
通常、受傷後2日くらいからと言われています。
腫れや出血の程度にもよります。センスが問われるところです。

そしてこの段階から、鍼灸、マッサージを使ってケアしていく予定でいます。


しばらく運動はできないですね。太らないように食事をコントロールしたいと
思っています。辛いです。







ラベル:雑感
posted by リハネット at 12:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

ご希望に沿えないと考えられたケース。

先日こんなことがありました。


お電話でお問い合わせ、訪問のご依頼があり、ご依頼者様宅にアセスメントに
行ってきました。
脳梗塞の後遺症が残る方で、我々のサービスが生かされるであろう状態の方です。
お体を拝見しながら、私たち(リハネット)ができる範囲内での現時点でベストと思われる
内容(治療方針)をご提案させていただきました。

しかしながら、患者さん側には「このようにやってほしい」という、内容に対する強い
ご意志がありました。
場合によってはご期待に添えるかもしれませんので、そのご希望をお聞きしましたが、
そのご提示された内容は私たちにとってはベストのパフォーマンスができるようなものでは
ありませんでした。
それどころか、ベストを10とするなら3、4くらいの力しか発揮できないと思われます。
再度、先ほどの内容がわれわれのベストであり、われわれをご利用になられるなら
その内容が最大の利益になると思われるということをお伝えしました。

私の力不足からでしょう、患者さんはご納得されません。
私などより人生経験がはるかに長い方が、懸命に考えられた末にたどり着いたご希望
であろうかと思います。
また、お気持ちはよくわかります。

医療は患者さんが主体となって患者さんが選択されるものです。われわれは、選択肢を
提示し、患者さんの判断を仰ぎます。
患者さんがご自身の希望を主張されるのも当然ですし、それがあるべき形です。

しかし、私たちとすれば、10のパフォーマンスを捨てて、3のパフォーマンスしか
出せないようなことを行うことは、患者さんにとって不利益になります。
また、限りある時間とマンパワーをなるべくなら10を発揮できる(と思われる)
患者さんにご提供したいと考えます。

ご縁が無かったと判断しました。

患者さんが求める内容に対しては、残念ながら私たち(リハネット)よりも、もっと力を
発揮できるような媒体があると思われます。私たちが3のレベルところを9、10で
発揮できる媒体です。


「他をお探しされた方が良いと思われます。私どもではご期待に沿うことはできません」


お体の状態が訪問リハビリマッサージの対象外と思われる方以外で、
こちらからお断りしたのは長年やってきておそらく初めてであったと思います。
(患者さんののほうからお断りされたことは結構ありますが・・・)


今回の件は、残念ではありますし、私の力不足でしたが、患者さんが納得できないまま
受療しても、良い結果は望めません。患者さんにとってもそのほうが良いと思うのです。


これからも、私たちは、自分たちの持つ「能力」や「守備範囲」を明確に意識し、
その中でベストを尽くしていきたいと思っています。



ラベル:雑感
posted by リハネット at 12:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

残暑厳しく・・・

8月も今日で終わりですが、残暑厳しいですね。

この夏の間、暑くてウォーキングやジョギングなどの運動、なかなかできないでいます。
早く涼しくなってほしいです。


特定高齢者向けの介護予防教室などに呼ばれるとと
講義の中で介護予防のために日課としてのウォーキングをお勧めしているのですが、
夏の間は勧めづらいです(何しろ自分がやらないのですから)。
その場合には、自宅でできる運動、筋トレのいくつかをお伝えして
クーラーを効かせた自宅で、日課として行うよう、お話しさせていただきます。


暦の上ではもう「秋」ではあるのでしょうが、
本当の意味でのさわやかな秋が待ち遠しいですね。




ラベル:雑感
posted by リハネット at 12:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

夏季休業のお知らせ

治療室リハネットは8月13日(火)〜15日(木)の間、診療業務をお休みさせていただきます。

よろしくお願いいたします。








埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット




posted by リハネット at 19:36| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

まもなく8月12日。

暑いですね〜
今日のさいたま市は38℃になるとか・・・


昨日は夕方から院内勉強会でした。

「マエセツ」では嶋崎さんが発表してくれたのですが、
勉強会の本題としてじっくり話してほしい、「マエセツ」で話すにはもったいないくらいの
素晴らしい内容でした。
私も勉強になりました。

マエセツ、ケーススタディ、関連ニュースのお知らせ、勉強会(本題)と続いたので
終わりが遅くなってしまいましたが、スタッフ皆最後まで集中力を切らさず参加して
くれていたと思います。
お疲れ様でした。




話は変わりますが、、、

あさって8月12日は日航機墜落事故のあった日です。
520名の方が亡くなられている大事故、、、あれから28年が経ちます。
当時を振り返るといろいろ考えることがあります。
12日は御巣鷹方面に向かって手を合わせたいと思います。

IMG_9467.jpg










ラベル:雑感 勉強会
posted by リハネット at 12:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

また猛暑がやってきました。

また暑さが復活してきましたね。
今日も汗だくになりました。


くれぐれも熱中症、脱水症にお気を付けください。
スポーツドリンクを水で薄めて、そこに塩を一つまみ入れたものをこまめに
飲むことをお勧めします。

その他、去年の今頃の投稿に書いていますのでご参考ください。
↓ ↓ ↓ ↓

2012年7月31日リハネットのブログ的コラム



ラベル:雑感
posted by リハネット at 19:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

心肺蘇生法について。

暑い日が続きますが、今朝はいくらか過ごしやすいですね。
しかし油断はできません。
これからが夏本番です。


私はこの連休は伊豆での同業交流(研修)会に参加してきました。

参加者はみな鍼灸師、マッサージ師の資格を持つ人ばかりです。

私と同じように訪問リハビリマッサージ業に従事している者、鍼灸治療院に勤務、経営している者、
教員をしている者、、、

海に近い所で、私も含め、みな解放感からいろいろ話題提供されます。
面白い話、参考になる話がいろいろ聞けました。



近くが海でしたので、海難事故とも関係する救命救急に関する話を。

救命救急の場(もちろん海に限りません)では、救急車が来るまで、
以前は、「心臓マッサージ(胸骨圧迫)と人工呼吸を交互に行う」といわれたものですが
今は、人工呼吸はやらず、とにかくひたすら心臓マッサージを行うことが
勧められています(人工呼吸法の訓練を特別に受けた人は別です)。

人工呼吸は素人には難しい技術のようで、
とある救命救急センターに運ばれた患者さんのうち
事前に「人工呼吸+心臓マッサージ」を受けて運ばれた患者さんたちと
「心臓マッサージのみ」を受けて運ばれた患者さんたちを比較すると、
後者のほうが救命率が高かったそうです。


人工呼吸に特別の自信のない方(私も)は、AEDが使えるまで、救急車が到着するまで
「ひたすら心臓マッサージを思いっきり行う」ということになります。



ラベル:研修
posted by リハネット at 08:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

院内勉強会(研究プロジェクト)。

7月に入りました。暑いです。


昨日は夕方から院内勉強会を行いました。

もはや定番になっている「マエセツ」に続き、
今日の勉強会は研究発表会という形式を取りました。


院内には現在3つの「研究プロジェクトチーム」があるのですが、
今回はその中の一つのプロジェクトでチームでリーダーを務める大坊さんに
現時点での研究成果の発表という形で、講師を務めてもらいました。

良い発表だったと思います。
チームメンバーである嶋崎さんからは今後の研究課題となりそうな意見が
ありました。さらに進めていってほしいと思います。


これらの研究成果が、患者さんや社会のためになるよう
実を結ぶことを期待しています。





埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット


リハネットに就職を希望される方はこちらをご覧ください



ラベル:勉強会
posted by リハネット at 08:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

鍼灸柔整稲門会 「鍼灸柔整によるスポーツ傷害セミナー」。

昨日は私(秋元)が所属している鍼灸柔整稲門会主催の「鍼灸柔整によるスポーツ傷害セミナー」が
西早稲田のコズミックスポーツセンターで開催されました。

IMG_5772.jpg

稲門会セミナー.jpg

講師は、当会の顧問福林徹先生(スポーツドクター)はじめ、会に所属している
プロのスポーツトレーナーの方々です。

私は司会という立場でお手伝いさせていただきました。

スポーツトレーナーを目指す学生や、自分の臨床に生かそうとされている
鍼灸師・柔整師など、約80名ほどの方が受講されました。


スポーツの現場で頻発する傷害や、その対処法、トレーナーとしての現場の話など
濃く、貴重な内容でした。
受講された方はそれぞれ何か得るものがあったのではないかと思います。

私もすごく勉強になりました。
スポーツの最先端での医療は非常に進んでいます。
また、トップトレーナーのリハビリ方法やマッサージテクニックは
全てのマッサージ師の中でもトップレベルといえます。
そのようなものを学び、介護の現場のリハビリに応用して生かすことは
介護分野におけるリハビリやマッサージのレベルアップにつながる
大変意義のあることだと思います。


スポーツと介護とはだいぶかけ離れているようですが、学ぶことは多いのです。




ラベル:講演 勉強会
posted by リハネット at 08:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

雄津院池田先生。

昨日は、東京都練馬区で治療院を開業されていらっしゃる雄津院の池田先生とお会いする
機会がありました。

長時間にわたりお話をうかがう中で、
鍼灸マッサージや介護医療にとても真摯に取り組んでおられることが
ひしひしと伝わってきます。
素敵な先生でした。

雄津院さんと当院とは業務対応地域が重なるところも多く、今後いろいろと
交流をさせていただければと思います。

良い出会いがありました。


posted by リハネット at 08:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

今日も介護予防教室。

今月二回目の介護予防教室を行いました。この日の場所は狭山市です。
30名ほどの方が参加されました。


IMG_0369.JPG


最近オファーが増えています。
うれしい悲鳴です。




リハネットの介護予防教室

ラベル:介護予防 講演
posted by リハネット at 20:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

介護予防教室を行いました 於桶川市。


今日は桶川市にて介護予防教室の講師をしてきました。


IMG_0358.JPG

IMG_0349.JPG


25名ほどの方に自宅で一人でできるツボ押しや健康体操を指導いたしました。
リハネットのボランティア活動です。



リハネットの介護予防教室

ラベル:講演 介護予防
posted by リハネット at 19:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

『あまちゃん』、面白いです。

NHKの朝の連ドラ『あまちゃん』が面白いとあちこちから耳にしたので、
録画したりしながら、最近観ています。
朝ドラをまともに観るのなんて、何年振りでしょうか?
(いや、何十年ぶりかも)

正直、ハマってしまいました。
面白いです。

なにしろテンポが早くて気持ち良いです。
出演者もイイですね。

視聴率も久々に高いみたいです。



main_visual.jpg




ラベル:雑感
posted by リハネット at 12:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

拘縮改善に週二回のリハビリマッサージ?


「週に二回くらいのペースで来てもらえば、母の関節はどんどん動くようになりますかね?」


先日、寝たきりで四肢の強度の拘縮(手足、全身の関節が固まってしまっている状態)を
持たれる患者さんのご家族から、これからリハビリマッサージのサービスを
開始するにあたって、私に尋ねられた質問です。

この方のような、かなり進行した拘縮状態の場合、週二回程度のリハビリマッサージを受けても、
それ以外の時間に全く動かさず、また、良肢位を考慮しない「ただ寝かされている」
ような状態で過ごされるなら、現在の程度を維持することも、良くすることも難しいと思われます。

その方の現在の状態や介護の内容などをお聞きし、お体を診させていただいた上で

「残念ですが、難しいです。ただし、週二回のリハビリを受けながら、
これ以上の進行を抑える可能性が高い方法はあります。そしてその方法を実践すれば、
○○さん(患者さん)も今より心地が良いと思います。」

とお答えしました。

その方法を考慮せず、リハビリマッサージだけで改善を望もうとするならば、それこそ
毎日のように施術を受けていただく必要があると思います。

「毎日訪問する」ということは我々にとって正直経営的にはうれしいことといえます。


なのですが、、、

リハビリマッサージは健康保険で賄われており、その拠出を極力抑えながら効果を
最大化しなければいけません。

そこで、どうしても必要な場合を除いては、なるべく訪問頻度を抑えて「日常のあり方」の
指導をすることをわれわれは重視します。

確かに拘縮は、「関節を動かす頻度を増やす」ことで改善効果が高まります。
ですが、これまでも当ブログで書いてきたように、
専門家がどれだけ関節を動かしても、それ以外の時間(この時間の方がだんぜん長い)で
拘縮進行を助長するようなことをしていては、
せっかくの施術も、(無駄とまでは言いませんが)効果は半減してしまいます。

その詳しい方法は過去の記事をお読みください。
寝たきりの拘縮予防
寝たきりの拘縮予防その2
拘縮を予防するために


施術時間はたかだか20〜30分ですが、それ以外の時間は1日24時間近くあります。
だから、いつもの寝ている体位の調整が必要なのです。

そして、これにはご家族の理解と協力が必要です。

訪問マッサージを行っている治療院で、このような施術以外の方策を伝えている所は
ほとんど無いように思います。
私の知る限り、「拘縮にはとにかくマッサージを増やして!」という話ばかりですね



それから、

拘縮は初期の段階であれば、改善が十分見込めます。そして早い対処であればあるほど、
改善のエネルギーは少なくて済みます。
早い段階で、拘縮の始まりに気づき、自分(ご家族、利用者さん)の生活と環境の見直し、
改革を図ることが大切です。拘縮の始まりは実際に関節の動きが悪くなる、さらにその前
から予兆があります。
その予兆は、生活と環境を注意深く観察することで察知できます。



早いうちに対処することが大切であること、またすでに重度に拘縮が進んでいるような
方の場合は良肢位の保持の重要性を皆さんに知っていただけるよう、もっと様々な場で
伝えていかなければと思っています。
そうしないと、いつまでも「地域の寝たきりゼロ」は実現できないです。




ラベル:拘縮 介護予防
posted by リハネット at 12:53| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

元気な老後のためのお勧め本。

老後、自分が介護が必要になるのではないか


そんな不安が漠然とあると思います。
特に自分が「高齢者」と呼ばれる年齢になっている人はなおさらでしょう。

今から自分の対策を打っておきたい、
また、祖父母や父母のことが心配だという方は、この本を読まれることをお勧めします。


『一生ボケない、寝たきりにならない方法』 学研マーケティング


題名は最近よくありがちな「言い切り型」で、ちょっと怪しいなと思ってしまいますが、
読んでみると、内容はとても「ために」なる本だと思います。
本の中で著者は「必ずしも題名のようなことを保証するものではなく、しかしながら、
多くの人にぜひ知ってもらいたいという思いから・・・」とこのような題名をつけたことを
謝罪しています。

一般向けに書かれた本ですが、介護関係のお仕事をされている方も一読の価値ありだと思います。



(私の書評)
高齢者こそ筋トレを!
前人未踏の超高齢社会に突入している今、「高齢者に筋トレなんて…」というこれまでの
既成概念を捨て、筋トレをして介護が必要の無い元気な老後を送りましょうよ
ということを、説得力のある豊富なエビデンスと実践方法を示しながら提案しています。
また、筋トレだけではなく、食事や様々なケアについても書かれてあるので
トータルな介護予防の知識が得られます。
高齢になると、すべてにおいて減らしてしまう傾向にいってしまいがちですが、
「運動も食事も、中高年からは加えていきましょう」というのは目から鱗です。





ラベル: 介護予防
posted by リハネット at 12:32| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

桜。

sakura hikawa.jpg

緑区の氷川公園、今日の桜です。

満開です。



ラベル:風景
posted by リハネット at 12:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

ほんがわ先生、三たび来る!

先週末からずっと強風が吹き荒れてましたが、今日は穏やかですね。


昨日は、院内定期勉強会を行いました。
約1年ぶりに、ほんがわ治療院院長の本川晃市先生に講師をお願いしました。

今回は、主に変形性脊柱症、すべり症、脊柱管狭窄症を疑う患者さんへの
腰部施術について、先生の治療方法の講義です。

IMG_78491.jpg

IMG_1562.jpg

相変わらずの深い研究と臨床成果を覗かせる内容です。

得てして治療家は、自分の手技を秘密にして話したがらないものなのですが、
本川先生は私たちに隠されることなく、いろいろご披露されます。
ありがたいですね。

最後は私にもマニピュレーションを施していただきました。


今回もリハネットスタッフにとって、「人間の診かた」について
少なからず得るものがあったと思います。


本川先生、ありがとうございました。
また来てくださいね。
スタッフ一同、お待ちしております。




ラベル:勉強会
posted by リハネット at 12:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする