2015年07月13日

パーキンソン病患者さんの会にて、今回は転倒予防のお話し。

先週末、パーキンソン病患者さんの会でリハビリ講座を受け持ちました。

この日のテーマは「転倒予防」としました。

転倒予防の方法としては、下肢を中心とした筋力強化、バランス能力の強化、
躓く物、滑りやすい物を取り去ったり、手すりを付けるなどの環境整備などがあげられますが、
みなさん、これらのことは様々なところで耳にしているでしょうし、実践もされているでしょうから、
今回は主にデュアルタスク能力というものの強化についてご紹介させていただきました。


IMG_2037.JPG

IMG_2036.JPG






埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット




posted by リハネット at 12:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

「第一回日本パーキンソン病コングレス」に参加して。

水曜、木曜の2日間、水戸で開催された「第一回日本パーキンソン病コングレス(JPC)」という
パーキンソン病に関する学会(全体会議)に参加・見学に行ってきました。

IMG_5849.jpg

この大会は、通常の学術学会の総会などとは異なり、患者さんも運営に参加し、
患者さん、医師をはじめとした医療関係者などが一体となって今回初めて開催された大会です。
世界パーキンソン病コングレス(WPC)という世界規模の大会をモデルにしていて
日本においてもこのようなものを開催したいという関係者の方々の熱い想いでこぎつけたようです。
当院も賛助会員(サポーター)としてこの大会を微力ながら応援させていただきました。

第一回ということもあり、関係者の方々はとても大変であったかと思いますが、
参加してみて、とても素晴らしい大会でした。
多くのパーキンソン病患者さんも参加されていました。


IMG_9902.jpg

医師(医療関係者)と患者さん(代表)が同じテーマで、それぞれの視点から発表するという
形式が取られ、それもまた新鮮なものでした。
内容も新しい治療法やリハビリについてなど興味深いものばかりでした。

テーマ
 ・パーキンソン病の症状の問題点
 ・進行期のパーキンソン病の対応
 ・パーキンソン病とリハビリ
 ・パーキンソン病研究の進歩
 ・パーキンソン病を取り巻く環境   などなど


また、ポスター展示によるデスカッションブースも少ないながら設けられてありました。
医療関係者の論文だけではなく、患者さんによるポスターもあり驚きました。




このような素晴らしい大会でしたが、一つだけ残念なできごとがありました。

各演者の方の発表後の短い時間での質問受け付けの際に挙手し発言した
訪問リハビリマッサージ業を行っている、とある大手事業所を名乗る方の内容が
場と状況への配慮に欠ける自己中心的なものであったことです。
本人は真剣なのでしょうが、同じ仕事をしている者として残念に思いました。
周りの方の反応も良くありませんでした。。。


ともあれ、参加して良かったと思います。
ここで得たものは、当院スタッフや当院をご利用になっている
パーキンソン病の患者さんに還元していきたいと思っています。




埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット





posted by リハネット at 08:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

5/21トリガーポイント勉強会特別編

今日は院内勉強会でした。

今回は院外から講師の方をお呼びしての特別編。
これまで院内でほぼ独学で行ってきたトリガーポイントの勉強会(研究会)ですが、
トリガーポイントを実際の臨床で中心的に活用している鍼灸師の峰真人先生に
現在のトリガーポイントの研究成果などについてお話しいただきました。

峰先生はトリガーポイントの研究をされている会のメンバーでもありますので、
生きたトリガーポイントの情報を持っていらっしゃいます。

トリガーポイントの研究は現在も日進月歩で進んでいるそうで、その知見をiPadを使って
説明されました。

とても興味深く、さらに深く勉強したいと個人的に思いました。
スタッフからも積極的に質問が飛び交います。

また今回は特別に、当院と交流のある同業の方が2名見学参加され
非常に活気のある勉強会になりました。


また、続編をお願いしたいですね。



峰先生は久喜市で、みね鍼灸院という治療院をやっておられます。
とても気さくな先生ですので安心して治療が受けられると思います。







リハネットで一緒に働きましょう!






posted by リハネット at 23:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

パーキンソン病患者さんの会にて、腰痛予防のお話し。

今日は、浦和パルコの10階会議室で行われたパーキンソン病友の会の定例会にて
当院所長の秋元が「腰痛予防」についてお話しをいたしました。


IMG_1910.JPG

IMG_19161.jpg

パーキンソン病患者さんは多くの方が腰痛に悩まされています。

なぜ、そうなるのかということと、様々な腰痛対策の中から
パーキンソン病に多い腰部筋肉固縮の予防を意識して
腰部(腰椎)の3つの動きを説明し、筋肉や関節が固まらないよう
その3つの動きを日常のリハビリに取り入れていただくようお勧めしました。

皆さん、真剣に聞いていただけたように思います。


今後も様々な場で介護予防につながる講座などを当院の取り組みの一環として
行っていきたいと思っています。




埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット





posted by リハネット at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

ALS。

だいぶ暖かくなってきましたね。
続いていた雨もやっとおさまり、ここ数日は気持ちの良い日ができました。



昨晩は、難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究と臨床に携わっていらっしゃる
徳島大学病院神経内科の臨床教授和泉唯信先生とお酒をご一緒する機会があり、
いろいろお話させていただきました。

和泉先生によると、ALSの発症について、(もともとの遺伝的な危険素因がある上で)
転倒や骨折などによる炎症がALS発症を誘発する可能性があるとのことでした。


ALS患者さんは全国で9000人ほど、埼玉県では400名ほどの方がいらっしゃいます。
現在のところ、治癒させる方法が無く、大変難しい病気であり、リハネットでもこれまで
10数名の患者さんに訪問リハビリ・マッサージで関わらせていただいていますが、
おそらく、拘縮進行やADL低下を少し抑えることしかできていないように思います。


和泉先生はALS発症の原因遺伝子の一つを解明され、それにより治療薬の開発や
iPS細胞の使用を視野に入れた研究をされていらっしゃるそうです。

ALSの治癒や症状改善につながる研究が今後どんどん進むことを期待したいものです。





posted by リハネット at 12:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

今日の見沼氷川公園。

今日から新年度ですね。

今日の見沼氷川公園(さいたま市緑区)の桜です。


IMG_6908.jpg

IMG_7529.jpg

前々回の投稿の写真からちょうど一週間です。
一週間前はまだつぼみだったのですが、満開になりました。早いですね。

普段ほとんど人がいないこの公園も、今日はたくさんの人で賑わっていました。




ラベル:雑感
posted by リハネット at 18:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

3/26定期勉強会。

昨日は院内定期勉強会の日でした。


業務が終わった夕方から行います。

マエセツは吉田先生担当。
今回はデジタル画像について、話してくれました。
リハネットの行事ではいつも写真撮影を担当してくれている吉田先生。
デジタルカメラの「ISO感度」というものの設定によって画像の写りが変わることなどを
解説してくれました。

マエセツの後は、
「ユマニチュード」という話題のケア手法の簡単な紹介に続き、本題の勉強会です。

今回は「腰痛治療について」。
手技療法における治効原理、治療の考え方や現場での対応などについて勉強しました。



お花見会もそろそろです。





埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット



リハネットで一緒に働きましょう! 求人ページ




ラベル:勉強会
posted by リハネット at 08:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

今日の桜。

今日の見沼氷川公園(さいたま市緑区)の桜です。


IMG_1200.jpg

IMG_5896.jpg


まだ一輪も開いてないですが、だいぶ膨らんできています。
もう間もなくといった感じです。



ラベル:雑感 散策
posted by リハネット at 12:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

2/17ツボ押しマッサージ健康体操(朝霞市)。

今日は朝霞保健所にてツボ押しマッサージ体操を使った健康講座を行いました。

天気がよくありませんでしたが、約25名の方が参加されました。

過去に何度か参加された方がほとんどでしたので、すごくスムーズに進めることが
でき、積み重ねることの大切さを実感します。
皆さん、一生懸命ツボ押し・体操に取り組んでおられ、
少しずつですが浸透してきているようです。

地道な活動を続けています。




ツボ押しマッサージ体操健康講座のお問い合わせはこちらです。
↓  ↓  ↓
リハネットの介護予防教室『ツボ押しマッサージ体操講座』





ラベル:介護予防 講演
posted by リハネット at 20:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

あけましておめでとうございます。

新年、あけましておめでとうございます。

当院は本日より平成27年業務を開始いたします。

昨年は皆様のお陰をもちまして無事一年を務め上げることができました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。





埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット




posted by リハネット at 08:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

H26年忘年会。

12日は忘年会を行いました。

去年、一昨年と大宮のジンギスカン屋さんでやりましたが、
今年はちょっと気分を変えて、場所はさいたま市西区にある焼肉屋『船渡』で。

地元で人気のお店だそうです。

ちょっと外れののどかな場所にあるため、お店の送迎付きです。

初めての体験に胸が躍ります。

南与野駅からお店のバンに乗り20分ほどでお店に到着。


個室を貸切で、美味しい焼肉コースを堪能しました。

010.JPG

007.JPG

料理が美味しいと幸せな気分になりますね。

今年一年の頑張りを皆で慰労しながら飲んだり食べたり・・・


毎年20日前後に行っている忘年会ですが、今年はちょっと早かったので、
まだ今年も半月以上残っています。
気を引き締めて残りの業務に邁進したいものです。







埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット


リハネットで一緒に働きましょう! 求人ページ






posted by リハネット at 08:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

『クロストレーニングのススメ』出版記念パーティー。

昨日の日曜は、以前当ブログでも紹介しました本、『クロストレーニングのススメ』の
出版記念パーティーが銀座で開かれましたので、出席してきました。

IMG_7798.jpg

実はこの本の巻末に収録してある「クロストレーニング座談会」には私(秋元)も参加させて
いただいていて、その関係でこの出版記念パーティーにご招待いただきました。


3〜4時間くらいにわたり、著者のスポーツドクター小山郁先生はじめ、
様々な方とお話ができてとても楽しく、有意義なパーティーでした。








ラベル:
posted by リハネット at 08:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

11/10定期勉強会。

今日は定期勉強会を行いました。


マエセツは井上先生担当。
NHKの「きょうの健康」で放送されていた「バランストレーニング」についての
紹介でした。
バランス能力は高齢者にとって、転倒と大きな関連がありますので重要です。


その後の申し送りでは、年末調整について(もうそんな季節ですね)、
埼玉県で来年1月から変更になる心身障害者医療助成制度についてなどを
スタッフの皆さんに話しました。

また、豊岡先生からは忘年会の話があり(もうそんな季節ですねw)、

本題の勉強会に突入です。



全体で1時間半弱の勉強会でした。







ラベル:勉強会
posted by リハネット at 21:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

パーキンソン病患者さんのためのツボ押しマッサージ体操健康講座【狭山市】

昨日は、主に狭山市で活動されているパーキンソン病患者さんの友の会である
「ひまわりの会」から講師派遣の依頼があり、ツボ押しマッサージ体操健康講座を行いました。
講師は当院の豊岡がつとめました。

会場は狭山市の稲荷山公園駅そばのサピオ稲荷山の会議室です。


しとしとと雨が降り続くあいにくの天候でしたので受講されたのは当初の予定より
だいぶ少なく16名でした。
足元も悪いですし、病気の性質上、このような日は調子が悪くなられる方が多いようです。

IMG_5840.jpg

IMG_0335.jpg

少しさみしくはありますが、その分お一人おひとりに目が行き届きやすく、
しっかりお伝えできたように思います。
みなさんの習得度が全然違います。
ツボの位置も、最後にはみなさんだいぶ正確に取れるようになっていました。


このような講座等において、パーキンソン病患者さん・ご家族の健康相談や、
健康体操の指導を通じて少しでも喜んでいただければ嬉しいですね。
地道に活動していきたいと思っています。



ツボ押しマッサージ体操健康講座のお問い合わせはこちらです。
↓  ↓  ↓
リハネットの介護予防教室『ツボ押しマッサージ体操講座』




posted by リハネット at 12:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

見沼区の「りはせん」さんへ。

今日は、とある患者さんのサービス担当者会議のため、その方が利用されている
見沼区蓮沼にあるデイサービス「りはせん そよ風」に行ってきました。

初めてお伺いさせていただきました。
職員の方にフロアを案内していただき、トレーニングマシーンや各種器具などを
見せていただきます。

さすがうわさに聞く「りはせん」さんです。いろいろな器具が配置されていて、
様々なニーズの利用者さんに対応できるようになっています。
広いフロアに多くの利用者さんがいらっしゃいました。


当院の患者さんも何人かの方が通われているデイサービスです。
この機会にどんな所かも見ておきたかったので良かったです。


肝心の担当者会議も滞りなく終了しました。







埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット





ラベル:雑感
posted by リハネット at 20:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月30日

ほんがわ先生勉強会2014第二弾。

昨日の院内勉強会は7月に引き続き、本川先生に講義に来ていただきました。

前回は話が盛り上がりすぎ、あっという間に時間が過ぎてしまったため、
座学のみで、予定していらっしゃた実技をお見せ頂くことができなかったので
あまり間をおかずに続きの講義をお願いいたしました。


ベッドを使っての治療実技の講義です。
(私が患者のモデルになったため、写真を撮り忘れた!)


首肩を中心にした上半身の治療方法を実演しながらお話しいただきました。
長年の経験と研究を蓄積された本川先生、その治療方式と患者さんへの対応法はさすがです。


今回も多くの示唆を与えていただきました。
本川先生の「患者さんに対するキモ」の部分を日々の訪問に生かしたいと思いました。
さらには雑談の中にもいろんなヒントがありました。


ありがたいことです。






埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット




ラベル:勉強会
posted by リハネット at 08:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

早稲田大学エルダリー・ヘルス研究所公開講座のお知らせ(10月11日)。

介護予防に関する様々な研究を行っている早稲田大学エルダリー・ヘルス研究所
(弊所所長も研究員として所属しています)が、10月11日に一般向け公開講座を開きます。

テーマは「日常生活を楽にする 〜口から足裏までの骨格論的アプローチ〜」です。

興味のある方はぜひご参加ください。
事前申し込みが必要ですが入場無料です。



詳しくは ↓(下)の画像をクリックすると案内が拡大してご覧になれます。


10610921_692322290852582_5056635864102508948_n.jpg


10653598_692322424185902_3364730323918094208_n.jpg



ラベル:介護予防 講演
posted by リハネット at 12:34| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

鍼灸柔整稲門会定期研修会に。

土曜の夜、所属している鍼灸柔整稲門会の研修会(勉強会)に参加してきました。
場所は南池袋にある教育施設です。
(この施設では介護職員初任者研修やケアマネ研修などを行っています。)


会員が持ち回りで講師になるのですが(私も以前講師をやりました)、
今回は杉並区で鍼灸院・整骨院をやっていらっしゃる佐藤栄二先生が講師です。

内容については、訳あって非公開とさせていただきますが、興味深い内容でした。


こういう会に参加すると、いろいろ刺激になります。
こういった場で得たものを当院スタッフや患者さんに還元していきたいと思います。




ラベル:勉強会 研修
posted by リハネット at 08:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

クロストレーニングのススメ。

暑い日が続きますね。
熱中症予防は大丈夫でしょうか?


さて
以前当コラムで「クロス・トレーニング」という概念について投稿をしましたが、


記事1 クロス・トレーニング
記事2 クロス・トレーニング(続き)



東京都文京区のこやまクリニック院長、整形外科医でスポーツドクターの小山郁先生が、
このたび、一般の運動実践者、運動指導者等に向けて書かれた
『クロストレーニングのススメ』という本を上梓されましたのでご紹介いたします。


『クロストレーニングのススメ』(繊研出版社)




あらためて、クロス・トレーニングとは、
自分の専門競技以外の種目をやったり、別の競技のトレーニング法を取り入れたり
することです。
それにより専門の競技力向上や、スポーツ障害予防、燃え尽き予防などが期待できます。

この考え方(概念)は競技者だけに限らず、さまざまなことに応用可能であると思いますので、
当ブログでも紹介させていただきました。
(私は運動科学の知見を介護医療に応用することをいつも考えています)。


この本の内容は、競技者向けだけではなく、子供、女性、そして
「高齢者のクロストレーニング」という章もあり、そこでは高齢者に起こりがちな
問題(転倒や骨折など)の予防法なども書かれてありますので、
高齢者に関わる方にも参考になるかと思います。


特に健康運動指導に携わっておられる方に一読をお勧めします。





ラベル:
posted by リハネット at 12:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

7/28院内勉強会特別編 本川先生来たる。

昨日は夕方から院内勉強会。

特別講座として今回一年数か月ぶりに南池袋ほんがわ治療院の本川晃市先生を
講師にお招きいたしました。
本川先生に講義いただくのは4回目です。



今回のテーマは「肩こりの病態と対応について」。
治療院において施術不適応である症状の鑑別、適応の場合のそれぞれの治療方針などを
お話しいただきました。

hb20140728.jpg

とても興味の惹かれる内容で時間を忘れて聞き入ってしまいます。

あっという間に予定していた時間を過ぎてしまいました。
時計を見ると8時を過ぎています。
座学の後、本当は技術的なことも予定していただいてたみたいですが、
これはぜひまた近いうち来ていただかないといけないですね。


本川先生、以前よりもさらにその知見が深まっていることがうかがえます。すごいです。
私も負けずに精進しなければ、と思わされました。


当院スタッフにとって、また少し施術者としての幅が広がったのではないかと思います。
今日の講義をきっかけにして、さらに深めていってもらいたいですね。


本川先生、いつもありがとうございます。
近いうちにまたよろしくお願いいたします。






ラベル:勉強会
posted by リハネット at 12:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

7/22ツボ押しマッサージ体操講座。

関東地方も本日梅雨明け宣言が出されたそうです。
昨日梅雨が明けたということです。



今日は朝霞市保健所でツボ押しマッサージ体操講座の日です。
講師と補助スタッフを当院から派遣いたしました。


20名ちょっとの方が受講されました。

この会での講義は何度かさせていただいているので、
複数回受講されていらっしゃる方が多く、
だいぶ慣れた動きで体操を行っていらっしゃいましたね。

IMG_1068.JPG


とある参加者の方から
「この講座を楽しみにしている。この体操を実践することは私の生活の中で
重要な位置づけになっています」
とお声掛けいただきました。
とてもうれしかったです。



徐々に浸透していることを感じています。






ツボ押しマッサージ体操健康講座のお問い合わせはこちらです。
↓  ↓  ↓
リハネットの介護予防教室『ツボ押しマッサージ体操講座』










posted by リハネット at 20:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

高齢者の熱中症。

暑い日々がやってきました。
九州地方は今日梅雨明け発表されたそうです。


こんな季節、気を付けなければいけないのが熱中症です。
当コラムでも毎年夏に高齢者の熱中症対策について書かせていただいていますが、
今日の毎日新聞に「高齢者の熱中症」について記事が出ていました。


毎日新聞のウェブ記事2014年7月16日 リンク


「高齢者は熱中症になりやすく、重症化しやすいことを自覚し、夏を乗り切る工夫が必要」
ということで対策が書かれています。ぜひご一読ください。



<内容の概略です>
・高齢者は30分くらいで一気に軽症から重症化することがあるので、早めの対応が必要。

・高齢者が熱中症になりやすい理由として、
  ・老化によって暑さや寒さを感じる皮膚のセンサーが鈍くなる
  ・汗腺が萎縮し汗が出にくく体温調節がスムーズにできない
  ・喉の渇きを覚えにくくなる
  ・体内の水分量が少ない
  などが挙げられる。

・予防するには、
   ・温度計を見やすい場所に置き、28度を超えたら窓を全開にする。
   ・扇風機やクーラーをつけたりして、28度以下に保つよう気をつける。
   ・半袖、半ズボンにして体温を下げるようにする。
   ・こまめな水分補給をする。  




以上、常に気を付けてこの夏を乗り切っていただきたいと思います。







posted by リハネット at 12:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

7/9勉強会。

昨日は夕方から院内勉強会を行いました。


マエセツは大坊先生担当。
大坊先生は大学時代ボクシング部に所属していました。
前回、前々回に続き、ネタはボクシングです。
パンチングミットとグローブを持参しています。

参加者全員が交代で、大坊先生の構えるミットめがけてパンチを繰り出します。
今回は、相手のフックを受けてのジャブ(ストレート)の返しを習いました。


マエセツの後は、申し送り。
8月の夏期休業について。
スタッフの皆さんには、この夏期休業を、質の高い施術をするための
良いリフレッシュ期間にしてもらいたいと思います。


その後勉強会を行い、19時半頃に終了しました。




台風が近づいてきています。
大丈夫でしょうか。








ラベル:勉強会
posted by リハネット at 12:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

社員研修【伊香保】。

先週の木曜日、社員研修に行ってきました。
場所は群馬県の伊香保です。



朝からあいにくの雨模様となりましたが、もちろん決行です。



まずは伊香保グリーン牧場へ向かいます。

ここは牛や羊、ヤギ、馬などの動物がいる、動物パークです。
雨のため多くのイベントが中止になっていて、残念でした。

「バター作り体験」に挑戦しました。
  009.JPG

その後、希望者はウサギと触れあいました。

  018.JPG

ウサギの可愛さに癒されたようです。


昼食にバーベキューをした後、石段街方面に向かいました。

温泉に入った後、石段街へ

  038.JPG

この頃には雨も上がり、日も差してきました。
以前、休日に行った時はかなりの混雑でしたが、さすがに閑散としています。


名物のたこ焼「伊香保焼き」のお店は休業・・・

  IMG_2885.jpg

残念!


あいにくの天気ではありましたが
吉田幹事の素晴らしいコンダクターぶりにより、とてもスムーズに、計画通りに
運びました。

とても楽しい社員研修でした。







リハネットに就職を希望される方はこちらをご覧ください





ラベル:研修 勉強会 散策
posted by リハネット at 08:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

協力治療院ネットワークのお問い合わせにつきまして。

だんだん暑くなってきましたね。
蒸し暑さが辛い季節になります。



    〜当院の協力治療院ネットワークに関するお願い〜

最近、当院の「協力治療院ネットワーク」への問い合わせやご加入希望のご連絡が
重なっております。
しかしながら、当方、訪問業務等に慌ただしく動いており、
素早い対応がなかなかできず、ご連絡いただいた方々には
ご迷惑をおかけしているのが現状です。
申し訳ございません。

そのため、大変お手数ですが、この「協力治療院ネットワーク」に関する
最初のご連絡は、ホームページのお問合せフォームからいただけると助かります。

確認できましたお問い合わせから、順次ご返信させていただいております。


リハネット協力治療院ネットワークページはこちら

お問い合わせフォーム


どうぞよろしくお願いいたします。



posted by リハネット at 08:42| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

ミーティング。

今日は暑かったですね。
私は今日は半袖でいたため、腕の部分が赤く日焼けしてしまいました・・・。


夕方からはスタッフミーティング。


内容は、マエセツ、研修旅行の検討、関連ニュースの紹介、ミニ勉強会と
盛りだくさんでした。


マエセツは石川先生が、わがさいたまの誇り、サッカーJリーグ浦和レッズを
紹介してくれました。
ここ浦和では、患者さんとの何気ない会話でも浦和レッズの話題は結構盛り上がります。
さすが、サッカーの街浦和といったところです。


その後、社員研修旅行企画を任されているヨッシーこと吉田先生から、
今年の企画案についてプレゼンがありました。
素晴らしい企画が提案され、盛り上がりました。
今年は6月に実施します。楽しみです。


関連ニュースは、先日ニュースになった認知症者の鉄道事故の損害賠償判決について。
これは、認知症者の起こした事故の責任を、同居して介護を担っていた高齢の妻
(家族介護者)に対してのみ認め、数百万という賠償を命じた判決です。


最後のミニ勉強会では、豊岡リーダーが実際の施術で使っているスパイス的な手技を
いくつか紹介してくれました。
すぐにでも使えそうな手技で、明日からの訪問に生かしてもらいたいと思います。



みなさん、お疲れ様でした。




ラベル:勉強会
posted by リハネット at 21:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

クロス・トレーニング(続き)〜介護予防においては〜。

前回の続きです。


氷山の見えない部分の二角も広げていくことで、強い土台に支えられた
専門競技力を保つことができるというクロス・トレーニングの考え方は、
介護予防のトレーニングにも適用して考えられるものと思います。

例えば、歩くのが不安定になってきて、これを何とかしたいというケースでは、
対策としては、「どんどん歩いて鍛えよう」というふうに考えますね。

もう少し専門的アプローチだと、この方の歩行動作を評価して弱点となっている
筋肉の強化を行う、というのが一般的です。
スポーツでいえば「歩行能力を高める」という専門競技(氷山の一角)を鋭くする
ということですね。

もちろんこれは大事なことで、必要なことですが、
それだけだととても限られた能力の獲得になり、脆いです。
これに加え、「バランストレーニングをする」、「下肢の筋トレをする」、
「注意力を高めるトレーニングをする」、「ストレッチをする」・・・

もっと広げて考えると、「腹筋運動をする」、「背筋運動をする」・・・を
行っていくと、歩行能力の下支えになる身体能力を身につけることになり、
歩行能力だけではない、広い意味での介護予防になります。

ですから、例えば
・歩行が危なくなってきたから安定して歩けるようになりたい(なってほしい)
・布団から起き上がる動作が難しくなってきたから、スムーズに起き上れるよう
 にしたい(なってほしい)
・椅子からうまく立ち上がれるようになりたい(なってほしい)

などの場合
リハビリメニューを考える際には患者さんの「専門種目」(氷山の一角)は何か、
他の二角はどこに置くべきかを意識して、構築すると良いと思います。


終わり







ラベル:運動 介護予防
posted by リハネット at 12:48| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

クロス・トレーニング。

今回は「クロス・トレーニング」という概念について書きたいと思います。


主にスポーツの世界で使われているのですが、「クロス・トレーニング」という概念、
言葉があります。

クロス・トレーニングとは、自分の専門種目ではない種目をやったり、
別の競技のトレーニング法を実践したりすることを言います。

例えば野球選手がオフシーズンに水泳をしたり、スケート選手が自転車を漕いだり・・・。

なぜそれが有効なのかというと、これを氷山に例えて説明することができます。

よく「氷山の一角」と言いますが、人間の能力というのは外から見える部分は、
氷山の一角のようにほんの一部(1/10とか)だけです。
その目に見える部分を支えているのは、目に見えない大きな部分(9/10)となっています。


crosstraning_sankaku.png
   (こやまクリニックHPより)


氷山の頂点(ここでは専門競技)ばかり(だけ)をトレーニングして高めることは、
確かに鋭い山ができるかもしれませんが、それを下支えする見えない部分の脆弱さが、
ともすると「専門分野だけの動きしか得意ではない」、「応用が利かない」、さらには
「スポーツ障害」や「燃え尽き症候群」といった状態を引き起こす可能性が高くなります。

専門分野を高めることはもちろんですが、その他(水面下)の2角を伸ばすことで、
骨太な、いろんな意味で「強い」アスリートに育つということです。


この考え方は競技スポーツに限ったことではなく、仕事や趣味、はては人生にまで広げて
考えることが可能かと思いますが、私はこれを介護予防のトレーニングについても
意識的に当てはめて考えています。


長くなったので、続きはまた今度。




ラベル:運動 介護予防
posted by リハネット at 12:45| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

おむつなし育児。

今日は院内トリガーポイント研究会を開催しました。


それに先立つ「マエセツ」は三辻さん担当でした。

近く生まれてくる赤ちゃんに備えて、「おむつなし育児」を勉強中とのことで、
それについて話してくれました。

「おむつなし育児」とは、なるべくおむつの外(おまるやトイレ等)で排泄させる
育児とのこと。
メリットはいろいろありますが、排泄のタイミングを観察することで、
赤ちゃんと親のコミュニケーションが密になることが良いですね。
その実践は両親にとって大変なことではありますが、その分の幸せが
返ってくるのでしょうね。

それにしても三辻さん、赤ちゃんが生まれる前からすでに「イクメン」です(笑)


マエセツに続いて、申し送り、本題の研究会に移りました。






posted by リハネット at 20:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

健康講座。

今日は健康講座の講師に呼ばれ、行ってきました。


当院の豊岡マネージャーが講師として25名ほどの方にお話しさせていただきました。
参加者は男性の方が多かったですね。


IMG_0838.JPG


少しでも多くの方の健康に貢献したいと考えています。








ラベル:介護予防 研修
posted by リハネット at 20:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする