2018年07月10日

特別養護老人ホーム(特養)入居者様への訪問リハビリマッサージについて。

今年は例年にない早さで梅雨が明け、暑い日が続いています。

熱中症にご注意ください。
最近、当院ご利用の患者さんにも、訪問に伺った際、熱中症が疑われるケースがありました。
ご高齢者の場合は特に命の危険があります。

熱中症は予防が大切です。
常に水分摂取、適度にクーラーを利用するなどしてくださいね。
患者さんでも最近はクーラーをうまく使っていらっしゃる方が増えた印象です。世代が変わってきたのでしょうかね。



閑話休題。


特別養護老人ホームの入居者様にも、訪問リハビリマッサージの受療が必要なケースがもちろんありますが、
一部の方から、特別養護老人ホームへの外部からの訪問は不可とする見解が聞かれることがあり、困ることがあります。

おそらく介護保険制度的に医療保険サービスとの併用についていろいろ決まりがあり、訪問リハビリマッサージも医療保険利用であることから同様に思っていらっしゃるのかもしれません。

しかしながら、それは誤解で、特別養護老人ホームでは外部からの訪問リハビリマッサージを受けることができます。

厚労省からの通達にも

「特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、ケアハウス、グループホーム等の施設に入所している患者に対する往療に関しては、往療料の支給基準を満たす患者であれば、算定して差し支えない。老人保健施設、介護療養型医療施設に往療を行った場合は往療料のみならず、施術料も算定できない。(保医発0626 第3号 留意事項通知別添1第6章の6)」

とあり、特別養護老人ホームに入居されている患者さんへの訪問への支給が認められています。
(介護老人保健施設への訪問には支給されないので訪問できません)


必要であるのに受けられずにいる患者様は沢山いらっしゃいます。
関係各位様におかれましては、特別養護老人ホーム入居者様への訪問リハビリマッサージにご理解いただき、必要とされている入居者様のADL改善をサポートいただきたく、お願い申し上げます。




posted by リハネット at 08:33| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする