2017年01月25日

院内勉強会1/23。

毎日寒いですね。


月曜に今年最初のリハネット院内勉強会を行いました。

これまで2回にわたって井上先生に講義してもらった「拘縮・関節可動域制限」についての
話の最終回です。

その前に行われる「マエセツ」は三辻さんです。
新しい年に入ったということで、今年の抱負などをいろいろ話されました。
今年新しく始めたいことの一つが「ウクレレ」とのことです。
いつになるかはわかりませんが(笑)、そのうち演奏を披露してもらえるのではないかと
思います。

井上先生の本題講義の前には、所長からの話題提供として「ゴムチューブ」によるトレーニング
について話がありました。
近年スポーツ選手の「体幹トレーニング」などで注目されているチューブを使った
トレーニングですが、チューブは当然リハビリや介護予防の分野でも使えるツールになります。
普段の運動に負荷を加えることができ、より筋トレ効果が高まります。
また、筋トレにストレッチも同時に行えますし、ダンベルなどより安全、持ち運びも便利で
今後の活用が期待されます。



埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット




ラベル:勉強会 拘縮
posted by リハネット at 19:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする