2015年06月26日

「第一回日本パーキンソン病コングレス」に参加して。

水曜、木曜の2日間、水戸で開催された「第一回日本パーキンソン病コングレス(JPC)」という
パーキンソン病に関する学会(全体会議)に参加・見学に行ってきました。

IMG_5849.jpg

この大会は、通常の学術学会の総会などとは異なり、患者さんも運営に参加し、
患者さん、医師をはじめとした医療関係者などが一体となって今回初めて開催された大会です。
世界パーキンソン病コングレス(WPC)という世界規模の大会をモデルにしていて
日本においてもこのようなものを開催したいという関係者の方々の熱い想いでこぎつけたようです。
当院も賛助会員(サポーター)としてこの大会を微力ながら応援させていただきました。

第一回ということもあり、関係者の方々はとても大変であったかと思いますが、
参加してみて、とても素晴らしい大会でした。
多くのパーキンソン病患者さんも参加されていました。


IMG_9902.jpg

医師(医療関係者)と患者さん(代表)が同じテーマで、それぞれの視点から発表するという
形式が取られ、それもまた新鮮なものでした。
内容も新しい治療法やリハビリについてなど興味深いものばかりでした。

テーマ
 ・パーキンソン病の症状の問題点
 ・進行期のパーキンソン病の対応
 ・パーキンソン病とリハビリ
 ・パーキンソン病研究の進歩
 ・パーキンソン病を取り巻く環境   などなど


また、ポスター展示によるデスカッションブースも少ないながら設けられてありました。
医療関係者の論文だけではなく、患者さんによるポスターもあり驚きました。




このような素晴らしい大会でしたが、一つだけ残念なできごとがありました。

各演者の方の発表後の短い時間での質問受け付けの際に挙手し発言した
訪問リハビリマッサージ業を行っている、とある大手事業所を名乗る方の内容が
場と状況への配慮に欠ける自己中心的なものであったことです。
本人は真剣なのでしょうが、同じ仕事をしている者として残念に思いました。
周りの方の反応も良くありませんでした。。。


ともあれ、参加して良かったと思います。
ここで得たものは、当院スタッフや当院をご利用になっている
パーキンソン病の患者さんに還元していきたいと思っています。




埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット





posted by リハネット at 08:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする