2016年05月13日

5/13健康講座。

今日は健康講座の日でした。

IMG_22211.jpg

会場には50数名の方が集まっておられます。

今回はエコノミークラス症候群の予防について主にお話ししました。

熊本の震災でも問題としてあげられた、エコノミークラス症候群。
膝から下などの細い静脈の中で血のかたまりができ、それが移動して肺の血管に
詰まって呼吸困難になることで、医学的には「静脈血栓塞栓症」といいます。

このエコノミークラス症候群は、飛行機の搭乗者や被災者だけに起こるものではなく、
原因が主に動かないことであることから、動きの少ない高齢者や病気を持っている方にも
起きる可能性があるものです。
そのような発症リスクが高い方は、血栓ができないよう、その前から予防を心がけることが
重要になります。

その予防方法としては、こまめに水分を採る、体を動かす(歩くなど)、
(ふくらはぎを中心に)マッサージをするなどがあげられます。

それをお話ししたうえで、予防に効果的な体操とセルフマッサージの仕方をお伝えしました。


タイムリーな話題だけに、みなさん、真剣に話を聞いていただけたご様子でした。




埼玉県さいたま市の訪問リハビリマッサージ 治療室リハネット






タグ:講演
posted by リハネット at 20:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする